Y染色体D1a系統

アフリカ大陸の北東部にいた古代(約6万8,500年前)のある一人の男性の遺伝子に起きたYAPと呼ばれる因子を持つ系統。この系統は、Y染色体上の長腕部「DYS287 Yq11」に、約300塩基からなるAlu配列(Alu sequence)の挿入多型を余分に持つことで知られる。

d1a_map1.jpgd_d1_d2.jpg
(左)D1a系統の分布図   (右)D系統の拡散経路を示す想定図(2017)

picture from Wikipedia

Y染色体ハプログループD1a系統(Yap+) 【チベット系】

分子時計の推算によれば、ハプログループD1(D-CTS11577)から、さらにハプログループD1a(D-Z27276)へは、約4万5,200年前に分岐した系統である。

チベット人

チベット人の約半数にあたる49%は、ハプログループD1a(D-Z27276)系統に属している(注1)。また、チベット人からはD系統とE系統の祖形DEから分岐したDE*系統の人もわずかにみられる(注2)。父系系統で比較する場合、日本人と最も近い民族がチベット人である(注3)。
dalai_lama14.jpg
        (ダライラマ14世)

注1)Karafet, T. M.; Hallmark, B.; Cox, M. P.; Sudoyo, H.; Downey, S.; Lansing, J. S.; Hammer, M. F. (2010). "Major East-West Division Underlies Y Chromosome Stratification across Indonesia". Molecular Biology and Evolution 27 (8): 1833–44. doi:10.1093/molbev/msq063. PMID 20207712.
注2)Shi H, Zhong H, Peng Y et al. (2008). "Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations". BMC Biol. 6: 45. doi:10.1186/1741-7007-6-45. PMC 2605740. PMID 18959782
注3)京都大学理学博士 蔵琢也『天皇の遺伝子』2006.6.10、207頁より。「チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマもハプログループD型の可能性が高い」とあり。

阮廌

ベトナム後黎朝大越国の建国の功臣・阮廌(げんせん, グエン・チャイ, 1380-1442)のY染色体は、ハプログループD1a1(D-M15)である(注1)。これは阮の子孫によるデータに基づくものである。阮チャイは、ベトナム独立のため藍山(ラムソン)で蜂起した黎利軍に参加して参謀格となり、漢民族の明の支配に抗戦した。1428年、黎利が後黎朝を建てて黎太祖となった時、阮は宰相となって太祖を補佐し、諸制度の整備に努めた。阮は、今なおベトナム史上の偉人として国民の人気が高く、彼の名を冠した「グエンチャイ通り」はベトナムの各都市にある(注2)。ハプログループDから分岐したハプログループD1は、アラビア半島からインド、南アジアの沿海岸を通って東南アジアに到達した系統である。
nguyen_trai2.jpg
          (阮廌)

注2)阮廌(越南文:Nguyễn Trãi,1380年-1442年),號抑齋,藍山起義勝利後受後黎皇室賜姓,故又名「黎廌」,是越南後黎朝開國君主黎太祖黎利的策士與摯友,也是越南著名的政治家、儒學者以及文學家,亦通漢文。他輔佐黎利成功脱離中國明朝的統治,使越南取得再度獨立,是後黎朝的主要開國功臣。

王三春

民国土匪・王三春(本名:王汝仁, 1884-1939)のY染色体は、ハプログループD1a1(D-M15)である(注1)。王三春は、四川省巴中(現 平昌)の出身。

注1)『民国土匪 王三春:D1(D-M15)』(2014.12.10)

ベトナム人男性

ベトナム人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループD1a1(D-M15)が4.17%検出された(注1)。
vietnam.jpg
picture from Wikipedia


台湾人男性

台湾人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループD1a1(D-M15)が0.28%検出された(注1)。
taiwan.jpg
picture from Wikipedia


Y染色体ハプログループD1a1a1a1a2系統(Yap+) 【日本固有種】

大阪人男性

大阪人男性のY染色体を調査したところ、ハプログループD1a1a1a1a2(D-F729, subclade-Z43928, BY15199)が検出された(注1)。
osaka1.jpg
picture from Wikipedia

注1)Family Tree DNA "Y-DNA D Haplogroup"(Kit Number:N200584, Inoue)

Y染色体ハプログループD1a1a2系統(Yap+) 【ラオス少数民族・カナダ原住民系】

カナディアン・インディアンの男性

バンクーバー近郊に住む、カナディアン・インディアンの男性のY染色体は、ハプログループD1a1a2(D-F1070, subclade-BY12738)である(注1)(注2)。この結果により、このカナディアン・インディアンとラオスのモン族とは約1万3,000年前に共通祖先から分岐したことが明らかとなった。
canadian_indian.jpg
 (カナディアン・インディアンの男性)

注1)FTDNA"Y-DNA D Haplogroup Project"(Kit Number:N131537, Adams)

モン族

苗(ミャオ)族のうちラオスに住むモン族(Hmong)のY染色体は、ハプログループD1a1a2a1(D-F941)が多数である。これは、モン族(Hmong)の男性複数名から得られたデータに基づく(注1)(注2)。
hmong2.jpghmong.jpg
       (モン族の男性)                   (モン族の子供)

注1)The Genographic Project 2.0 "OUR STORY"


modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-11-22 14:53:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード