Y染色体N系統

n1_map1.jpg
N1系統の分布図


Y染色体ハプログループN系統 【北アジア系】

胡雪巌

紅頂商人・胡雪巌(1823-1885)のY染色体は、ハプログループN(N-M231)である(注1)。胡雪巌は、安徽省の績渓の出身で、清朝の末期に杭州で起業し官商として巨万の富を得た。
kosetsugan.jpg
picture from Wikipedia

Y染色体ハプログループN1系統

李稟

扶餘李氏(부여이씨)の始祖・李稟(이품)のY染色体は、ハプログループN1(N-L735, subclade-L732)である(注1)。これは、彼の子孫から得られたデータに基づく。李稟は高麗靖宗の王妃・容穆王侯の父で月城府院君に封ぜらた。子孫は扶餘に世居したので、それを本貫とした。2000年の調査では一族506人。
buyeo_lee4.jpgbuyeo_lee1.jpgbuyeo_lee2.jpg
buyeo_lee3.jpg
注2)ISOGG 2017(ver.12.1)による表記。原文のISOGG 2014による表記では「N1b(L732)」である。

Y染色体ハプログループN1a1a1a1系統

リューリク1世

862年にラドガ(現在のロシア連邦・スタラヤ・ラドガの辺り)を支配し、ノヴゴロドを建設したとされるルーシの最初の首長・リューリク1世(830年頃-879年頃)のY染色体は、ハプログループN1a1a1a1(N-P298)(注1)である(注2)(注3)。リューリクの後裔は、キエフ公国から拡大し、16世紀のロシア・ツァーリ国(のちのロシア帝国)を建国して、皇帝として君臨した(注4)(注5)。
riurik1.jpg
picture from Wikipedia
注1)ISOGG 2017(ver.12.1)による表記。原文のISOGG 2010による表記では「N1c1(N-P298)」である。
注5)"Structure of the Y-haplogroup N1c1 updated to 67 markers", Jaakko Häkkinen. January 17, 2012. University of Helsinki.

ゲディミナス

中世リトアニア大公国の実質的な創始者で君主であるゲディミナス(1275-1341)のY染色体は、ハプログループN1a1a1a1(N-P298)(注1)である(注2)。
gediminas.jpg
picture from Wikipedia
注1)ISOGG 2017(ver.12.1)による表記。原文のISOGG 2010による表記では「N1c1(N-P298)」である。

アレクセイ・クロパトキン

帝政ロシアの軍人・陸軍大臣のアレクセイ・クロパトキンのY染色体は、ハプログループN1a1a1a1a1a1a(N-L550)である(注1)(注2)。
kuropatokin.jpg
picture from Wikipedia
注2)ISOGG 2017(ver.12.1)による表記。原文のISOGG 2015による表記では「N1c1a1a1a(N-L550)」である。

アンドレイ・グリゴーリエヴィチ公、およびガガーリン公

ペテルブルク工科大学の初代学長で学者・アンドレイ・グリゴーリエヴィチ公(Гагарин, Андрей Григорьевич, 1855-1921)、およびロシア帝国の貴族・ガガーリン公(Гагарины)のY染色体は、ハプログループN1a1a1a1a1a1a(N-L550)である(注1)(注2)(注3)。
grigoryevich.jpg
picture from Wikipedia
スタロドゥーブ最後の分領公アンドレイ・フョードロヴィチの曾孫、ミハイール・イヴァーノヴィチ公を始祖とするミハイール・イヴァーノヴィチ公は 通称「ガガーラ Гагара」と呼ばれ、これが家名となった。ユーリエヴィチでは、詩人でもあったパーヴェル・セルゲーエヴィチ公(1747-1789)、閣僚会議議長を務めたその子パーヴェル・パーヴロヴィチ公(1789-1872)、皇帝パーヴェルの愛人アンナ・ロプヒナーと結婚したパーヴェル・ガヴリーロヴィチ公(1777-1850)、外交官であり詩人・翻訳家としても名声を馳せたグリゴーリイ・イヴァーノヴィチ公(1782-1837)、パリでカトリックに改宗してイエズス会士となった変わり種のイヴァン・セルゲーエヴィチ公(1814-1882)、ペテルブルク工科大学の初代学長となった学者のアンドレイ・グリゴーリエヴィチ公(Гагарин, Андрей Григорьевич, 1855-1921)などが著名。なお宇宙飛行士のユーリィ・ガガーリンとは家系的には無関係である(注4)。

注3)ISOGG 2017(ver.12.1)による表記。原文のISOGG 2015による表記では「N1c1a1a1a(N-L550)」である。

Y染色体ハプログループN1a2a1系統

クマカブト・アラカシヒコ

クマカブト・アラカシヒコのY染色体は、ハプログループN1a2a1(N-M128/F1360 subclade-F710)である(注1)(注2)(注3)。これは、彼の子孫から得られたデータに基づくものである。
kumakabuto.jpg
注3)ISOGG 2017(ver.12.1)の表記による。原文はISOGG 2016による表記「N1c2a(N-F1360 subclade-F710)」である。

Y染色体ハプログループN1a2a2系統

宮田忠隆

因島宮田氏の宮田忠隆のY染色体は、ハプログループN1a2a2(N-CTS1350)である(注1)(注2)。これは、彼の子孫から得られたデータに基づくものである。

注2)ISOGG 2017(ver.12.1)の表記による。原文はISOGG 2016による表記「N1c2a*(N-M128, subclade-CTS1350)」である。

慶州李氏の男性1名

韓国慶尚南道金海市出身の慶州李氏の男性1名からY染色体ハプログループN1a2a2(N-CTS1350)が検出された(注1)。
keishu__rishi.jpg



modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-06-21 12:02:08

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード