Y染色体O1b系統

Y染色体ハプログループO1b系統

O1b系統は、東南アジア、ベトナム、タイなど稲作地帯の発祥。華南から日本列島へ伝播。さらに朝鮮半島を北上し満洲方面へも拡散した系統。江蘇省から福建省にかけても分布しており、日本へは中国南部から渡来したと考えられている(注1)(注2)(注3)。

o1b1a1_map1.jpg
O1b1a1系統の分布図


注1)ISOGG Tree 2017(ver.12.73)に基づく系統名。原文のISOGG 2009による旧表記では「O2b(O-M268)」である。

binWord-blogの執筆者

『binWord-blog』の執筆者のY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。2005年4月に開始されたナショナル・ジオグラフィック協会の「GENOGRAPHIC PROJECT(Geno1.0)」参加者で、結果をブログに公表した人物としては日本初(2005年6月)にあたる。
binwordblog.jpg

米中毒本館の執筆者

ブログ『米中毒本館』の執筆者(1964-  )のY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。執筆者の父系祖先は、兵庫県の由緒ある農家の家柄。執筆者は、中島聡の執筆によるブログ『Life is beautiful』を見て、Genographic Projectの存在を知り、検査キットを取り寄せて解析を行った。
rice_addict.jpg
注2)『下戸の系譜(1) アセトアルデヒド分解酵素』(2005.9.4)「私の先祖は父方・母方ともに兵庫県の真ん中あたりで代々百姓をしていたらしい」

初心者シーカヤッカーへの道の執筆者

ブログ『初心者シーカヤッカーへの道』の執筆者のY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。
seakayak1.jpgseakayak2.jpg

DYS 393 390 19 391 385a 385b 426 388 439 389i 392
Alleles 13 23 15 10 10 18 11 12 12 14 14


漫筆録の執筆者

ブログ『漫筆録』の執筆者のY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。
manpitsuroku.jpg
注1)『ついに結果が出た』(2010.5.23)

もちまさ

ブロガー・もちまさのY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。


duy

ブログ『MIND THE GAP』の執筆者・duyのY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。
duy.jpg
duyは、ロンドン在住を経て、2012年7月帰国。duyがこれまで親から聞かされていた話やduy家の名字にまつわる伝承などを総合すると、「duy家の家系は奈良・平安時代頃に朝鮮半島から渡ってきた渡来人が先祖である可能性がある」とのこと。Genographic Projectでの検査により、duy家の出自に関しては、「ハプログループO1b(O-M268)系統であることは分かったので先祖が渡来人である可能性は否定されなかったが、伝承の通り平安時代頃に朝鮮から来たのか、あるいはもともと弥生時代に中国大陸か朝鮮半島の辺りから渡ってきた人々の子孫なのか」という部分に関しては判明しなかった(注2)。

注2)2011年当時の「Genographic Project(Geno 1.0)」の分析精度の問題で、2012年秋以降の「Geno2.0」では、分析精度が格段に上がりこの問題点は解消されている。

THIS IS MY AMERICANAの執筆者

ブログ『THIS IS MY AMERICANA』の執筆者のY染色体は、ハプログループO1b(O-M268)である(注1)。

注1)『遺伝子と自分(4)』(2014.1.10)


modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-06-21 12:34:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード