Y染色体O2a2a系統

Y染色体ハプログループO2a2a1a1系統

呉延寵(海州呉氏)

高麗・睿宗時代に女真族を討伐した武将で、 高麗吏部尚書・門下侍中平章事を歴任した呉延寵(1055-1116, U Yeonchong)のY染色体は、ハプログループO2a2a1a1*(O-CTS201, subclade-F4010.2, F1531)である(注1)。呉延寵の六世祖・呉仁裕は、もと宋国(中国)の大學士で、成宗3年(984)高麗に帰化し檢校軍器監を務めた人物。子孫が黄海道(海州)に世居して本貫とした。本貫の「海州」は現在の「韓國黄海南道海州市」にあたる。2000年の調査では422,735人。
u_yeonchong.jpgkaishu_go1.jpgkaishu_go2.jpg
      (呉延寵)

kaishu_go3.jpg

服部保長と服部正成

戦国武将・服部保長のY染色体は、ハプログループO2a2a1a1(O-CTS201)である(注1)。菊岡如幻の『伊水温故』によれば、服部保長の先祖は、漢より渡来した漢服部(あやはとり)の家系で、代々「平内左衛門」という名を世襲した。源平合戦に、平知盛の郎党として武功を挙げた、服部家長(平内左衛門)の直系子孫が服部保長である(注2)。服部保長の四男は、服部半蔵の名で知られる服部正成(1542-1596)である。
hattori.jpgmasatsuna_hattori.jpg
picture from Wikipedia

DYS 393 390 19 391 385a 385b 426 388 439 389i 392 389ii
Alleles 12 24 17 10 14 19 11 13 11 12 13 29

注1)FTDNA"JAPAN DNA Project-Hattori"(Kit Number:204021, Hattori)
注2)「保長の始祖は『新撰姓氏録』などによると、「呉国より渡るを呉服部(くれはとり)といい、漢より渡るを漢服部(あやはとり)といいけり。呉服部は秦姓なり」とあり渡来人という。(中略)服部氏に三流あり、漢服部は平内左衛門相続し(中略)と、菊岡如幻の『伊水温故』にある。平内左衛門とは、伊賀(服部)平内左衛門家長のこと。源平合戦には、権中納言・平知盛(平清盛の四男)の郎党として武功を挙げた。(中略)保長は、この左衛門家長の直系という」『戦国忍者列伝 -乱世を暗躍した66人-』清水昇著

高麗王・王建

初代高麗王・王建(877-943)のY染色体は、ハプログループO2a2a1a1(O-M188, subclade-CTS201)である(注1)(注2)。弓裔の部下であった王建は、918年に謀反を起し、自ら「高麗人の末裔」と称して国号を「高麗」とし、都を「開城」に定めた。『編年通録』によると王建の始祖は「虎景」という人物で、虎景の孫に「損乎述」があり、損乎述は「宝育」と改名した(国祖)。宝育は姪(兄の娘)の「徳国」を娶り、娘の「辰義」をもうけた。辰義は無名の中国人の行商人との間に「作帝建(懿祖)」を生んだ。作帝建の息子、「竜建(世祖)」は松岳(現在の開城)を拠点に半島西南の海岸部で貿易をしていた豪族で、王建は新羅憲康王3年(877年)1月31日に竜建の息子として生まれたという。この伝承に基づけば、作帝建の父は中国人であることから、王建の父系先祖は、中国人であるといえる。
ouken.jpg
picture from Wikipedia

DYS 393 390 19 391 385a 385b 426 388 439 389i 392 389ii
Alleles 12 25 17 10 13 20 11 13 11 13 13 30

注1)FTDNA"Korea DNA-Wang Geon (왕건)"(Kit Number:203845, Wang)
注2)ISOGG Tree(ver.10.116)による表記。原文のISOGG 2014による旧表記では「O3a2b1(O-M188)」である。

Y染色体ハプログループO2a2a1a2系統

項羽

楚の武将で秦を倒し西楚の覇王と呼ばれた項羽(BC232-BC202)のY染色体は、ハプログループO2a2a1a2(O-M7)である(注1)(注2)。
xiang_yu.jpg
注1)分子人類學吧『中國王室皇族Y-DNA單倍群表』(2014.12.5)
注2)ISOGG Tree(ver.11.140)による表記。原文のISOGG 2014による旧表記では「O3a2b*(O-M7)」である。


modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-06-28 22:11:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード