Y染色体R1b1a2系統

Y染色体ハプログループR1b1a2系統

カメルーン男性

カメルーン男性のY染色体を解析したところ、古代に白人男性から分岐したと見られるハプログループR1b1a2(R-PF6279/V88)系統が検出された(注1)。

r1b_v88.jpg
この発見により、古代にアフリカ大陸の内陸部へ移動したR1b系統の一集団があったことが判明した。今日、ハプログループR1b1a2(R-PF6279/V88)および、その下流に定義づけられる分岐系統は、チャド語派の言語を話すカメルーンの先住民族の間において高濃度で発見されている一方で、ヨーロッパやイギリスでも検出されている。



modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-06-23 01:44:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード