mtDNA F系統

ミトコンドリアDNAハプログループF系統 【南方系・アスリート型】

ミトコンドリアDNAのハプログループFは、中央アジアで、約5万年前にハプログループRから分岐したと考えられている。それ以来、その分布は拡散して、東アジア、東南アジア、南マレー諸島、フィリピン、インドネシア、マレーシア、ニューギニア沿岸に広がった種類。特に東南アジアで顕著に見られる(注1)。

注1)Mitochondrial haplogroup F is thought to have diverged from haplogroup R around 50,000 years ago in Central Asia. It has since spread throughout East and South East Asia, its distribution spreading as far north as Siberia and as far south as the Malay Archipelago, including the Philippines, Indonesia, Malaysia and some of coastal New Guinea. Haplogroup F is particularly frequent among Southeast Asians.

青谷上寺地遺跡・弥生人骨

青谷上寺地遺跡(鳥取県鳥取市青谷町青谷)から出土した弥生人(BC200~AD200)の古人骨をDNA解析したところ、ミトコンドリアDNAを抽出できたものが10体あり、ハプログループD4が2体、D4*が4体で、ハプログループD4系統が計6体(60%)、ハプログループF*が1体、FまたはF2とみられるものが1体で、ハプログループF系統が計2体(20%)、ハプログループNが2体(20%)ということが明らかとなった(注1)。
aoyakamijichi.jpg
注1)鳥取県教育委員会『青谷上寺地遺跡の弥生人と動物たち』平成18年(2006)

鎌倉市由比ヶ浜 出土人骨

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜で出土した鎌倉時代人骨のミトコンドリアDNAには、ハプログループFが含まれていた(注1)。
kamakura.jpg

豊玉姫尊

豊玉姫尊のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。
toyotamahime.jpg
picture from Wikipedia

琉球・尚寧王陵4号石棺人骨

琉球・尚寧王陵4号石棺の人骨のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。

琉球・第二尚氏王統の第7代・尚寧王(1564-1620)は、第二尚氏王統の中で唯一の浦添尚家出身。慶長14年(1609)3月、薩摩藩・島津家久(1576-1638)は徳川家康の許可を得て琉球征伐の命を下し、総大将・樺山久高の率いる薩摩兵3,000は、薩摩の山川港を出港した。対する琉球国は兵4,000で迎え撃ち、大砲でも応戦したが、鉄砲隊を主軸とした歴戦の島津兵に首里城を包囲され降伏。 その後、尚寧王は、島津家久に伴われて江戸へ赴き、徳川家康に謁見。当時、江戸幕府は日明貿易の仲介を琉球に期待し、尚寧王を琉球の国王として盛大にもてなし、琉球王国の存続を約束した。また同時に薩摩の琉球支配を認め、以後270年に亘り琉球王国は日中両国の中間点として強い絆で結ばれた中で、華々しい琉球独自の文化が育まれた。 尚寧王の治世は琉球の一大転換期にあたる。
ryukyu_shonei.jpgshonei.jpgiehisa_shimadu.jpg

舞の海秀平

元力士・舞の海秀平のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。血液型はB型で、青森県西津軽郡鰺ヶ沢町舞戸町の出身。
mainoumi.jpg
picture from Wikipedia
注1)『Discover Japan』(2012年8月号)45頁

角謙二

アジアジュニアゴルフ協会理事、枻出版社代表取締役社長(EI Publishing.co.Ltd CEO)・角謙二のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。角謙二は、ゴルフ専門誌『EVEN』をはじめ、趣味や生活・実用など幅広い分野の雑誌を年間500冊出版。また、ゴルフフィッテング施設「EVEN GOLF LABO」 ゴルフ用品専門店「ザ・ゴルファーズクラブ二子玉川」などゴルフ関連事業も手がける実業家。血液型はA型で、千葉県茂原市の出身。
sumi_kenji.jpg
注1)『Discover Japan』(2012年8月号)51頁

松居一代

女優・松居一代のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)(注2)。血液型はB型で、滋賀県近江八幡市の出身。
matsui_kazuyo.jpg
注2)日本テレビ『100710 世界一受けたい授業 - 藤本美貴 道重さゆみ』(2010年7月10日放送)

安めぐみ

女優・安めぐみ(1981-   )のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。血液型はA型。安めぐみの母は、大分県の出身。
yasu_megumi.jpg

ちゅーやん

週刊『アスキー』の記者・ちゅーやんのミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)(注2)。
chuyan.jpg
注2)『ちゅーやん』(週刊アスキー)

寺西ジャジューカ

フリーライター・寺西ジャジューカ(1978-   )のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)(注2)。
teranishi.jpg
注2)『寺西ジャジューカ』(facebook)

Mimami816

ツイッターユーザー・Mimami816のミトコンドリアDNAは、ハプログループFである(注1)。
minami816.jpg

ミトコンドリアDNAハプログループF1系統 【南方系・アスリート型】

倉科カナ

女優、タレント・倉科カナのミトコンドリアDNAは、ハプログループF1である(注1)(注2)。血液型はO型で、熊本県熊本市の出身。
kurashina_kana.jpg
注1)日本テレビ『世界一受けたい授業 SP29 新春使える知識ベスト100』(2011年1月8日放送)

倫子女王

閑院宮直仁親王の第6王女で、第10代将軍徳川家治の正室・心観院(倫子女王, 1738-1771)のミトコンドリアDNAは、ハプログループF1bである(注1)(注2)(注3)。
rinshi_nyoou.jpg
注1)『Discover Japan』(2012年8月号)53頁
注2)篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』(2015.9.18)214頁
注3)『東叡山寛永寺徳川将軍家御裏方霊廟』吉川弘文館

慶光天皇(閑院宮典仁親王)

明治天皇の高祖父で古今伝授伝承者、能書家・閑院宮典仁親王(諡号:慶光天皇, 1733-1794)のミトコンドリアDNAは、ハプログループF1bである。これは、同母妹にあたる倫子女王の遺体をDNA型鑑定した結果に基づくものである。慶光天皇の実母は、家女房の左衛門佐讃岐(伊藤一中娘)である(注1)(注2)。
keiko.jpg
picture from Wikipedia
注2)篠田謙一『DNAで語る日本人起源論』(2015.9.18)214頁

武井義明

ほぼ日刊イトイ新聞の編集者・武井義明(1966-   )のミトコンドリアDNAは、ハプログループF1b1aである(注1)。武井義明の父は、静岡県の和菓子屋の家柄(注2)。
takei_yoshiaki.jpg
注1)ほぼ日刊イトイ新聞『飢餓時代だったらヒーローだったのに』(2014年6月19日号)

草戸棲家

作家・草戸棲家のミトコンドリアDNAは、ハプログループF1c1である(注1)(注2)(注3)。
seto_sumika.jpg
注1)草戸棲家『ミトコンドリアDNAの検査』(2015.8.7)
注2)草戸棲家『JAPAN DNA Project - mtDNA』(kit:235323, Kusato-F1c1)
注3)草戸棲家『著作集


modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2016-08-24 10:00:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード