mtDNA L1系統

ミトコンドリアDNAハプログループL1系統 【純アフリカ系】

マクロ・ハプログループLは、人類のミトコンドリアDNA(母系)系統樹の最も古い枝を形成しています。 約15~19万年前に東アフリカに住んでいた「ミトコンドリア・イブ」と呼ばれる私たちの共通の祖先に最も密接につながります。マクロ・ハプログループLは、ハプログループL0、L1、L2、L3、L4、L5およびL6から構成されています。L3を除いて、これらの系統は総て、アフリカか、アフリカの派生集団でのみ発見されました(注1)。

注1)Macro-haplogroup L forms the deepest branches of the human mitochondrial tree – the L lineages represent the most ancient of the human lineages and are most closely linked with our shared common ancestor, often dubbed the “Mitochondrial Eve” who lived in East Africa approximately 150,000-190,000 years ago. Macro-haplogroup L is made up of haplogroups L0, L1, L2, L3, L4, L5 and L6. All of these lineages except L3 are found exclusively in Africa or in African derived populations. All non-African populations can trace their lineage back to the L3 branch which represents those who began the “Out of Africa” migration some 60-65,000 years ago. For further information regarding the distributions of the L lineages within Africa see below, which is from: http://en.wikipedia.org/wiki/Macro-haplogroup_L_%28mtDNA%29

コンドリーザ・ライス

アメリカ合衆国の政治家、政治学者・コンドリーザ・ライス(Condoleezza Rice, 1954-   )のミトコンドリアDNAは、ハプログループL1cである(注1)(注2)。これは、米国PBSテレビ『Finding Your Roots』で明らかとなった内容である。ハプログループL1cは、アフリカ大陸・カメルーンのティカ族(Tikar people)に見られる系統である(注3)。コンドリーザは、国家安全保障問題担当大統領補佐官、国務長官などを歴任した。
condoleezza_rice.jpg
picture from Wikipedia
注3)Genetic Genealogist. "Dr. Gates' team also ordered an admixture test for Condoleeza. This DNA analysis revealed that her genetic makeup is 51% African, 40% European and 9% Native American or Asian", and "Condoleezza was surprised to learn that her mtDNA traced back to the Tikar people of Cameroon"


modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-02-10 14:53:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード