mtDNA M系統

ミトコンドリアDNA・ハプログループMは、多くの亜系統を包含した巨大なハプログループであり、ネイティブ・アフリカン以外の総てのミトコンドリア・ハプログループは、M系統かN系統のマクロ・ハプログループの子孫となります。アジアでM系統の分岐種が高頻度で見つかるため、ハプログループMの系統は、約6万年前にアジアで誕生した種類であると考えられている(注1)。

注1)Mitochondrial haplogroup M is a huge haplogroup, encompassing many sublineages. All mitochondrial haplogroups considered native outside of Africa are descendants either of the M or N macro-haplogroups. The M haplogroup is thought to have evolved in Asia around 60,000 years ago. This assumption is based on the high frequency and variability of M subclades in Asia.

ミトコンドリアDNAハプログループM系統

林中の猫(仮)の執筆者

ダイバーで、ブログ『林中の猫(仮)』の執筆者のミトコンドリアDNAは、ハプログループMである(注1)。


すしぶろの執筆者

ブログ『すしぶろ』の執筆者のミトコンドリアDNAは、ハプログループMである(注1)。『すしぶろ』の執筆者は、神奈川県東部在住。

注1)『鑑定結果がでました!』(2008.12.28)

(picture all from Wikipedia)

modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-03-24 18:09:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード