mtDNA U系統

ミトコンドリアDNAハプログループU系統

バイカル湖辺・マリタ遺跡古代人骨 (MA-1)

1928年、シベリアのバイカル湖辺のマクソホン村のマリタ遺跡で発見された24,000年前の古代人骨(MA-1)のミトコンドリアDNAは、ハプログループUである(注1)(注2)。これは、サンクトペテルスブルクのエルミタージュ美術館に保管されていた人骨(MA-1)から採取したサンプルを解析した結果によるものである。この結果に伴い、マリタ遺跡古代人骨(MA-1)は、現代のアメリカ大陸先住民と遺伝的には近縁で、東アジア人には類似していない領域があることが明らかとなった。

注1)『アメリカ大陸先住民の遺伝的起源』(2013.11.22) http://sicambre.at.webry.info/201311/article_26.html
注2)Raghavan M. et al."Upper Palaeolithic Siberian genome reveals dual ancestry of Native Americans". http://dx.doi.org/10.1038/nature12736

ミトコンドリアDNAハプログループU2系統

コステンキ遺跡出土人骨(Kostenki 14)

1954年に、ロシアヴォロネジ州のドン川近くにあるコステンキ遺跡から発掘された旧石器時代(約3万8,700-3万6,200年前)の狩猟採集者である若い男性の古人骨・コステンキ14号(Kostenki 14)の尺骨からDNAを抽出し解析を行った結果、ミトコンドリアDNAは、ハプログループU2であることが明らかとなった(注1)(注2)。コペンハーゲン大学の遺伝学者・エシュケ・ウィラスレフ(Eske Willerslev)は、従来考えられてきたヨーロッパ人の起源を覆すもので、ヨーロッパには段階的に流入したのであろうと考えられてきた特徴的な遺伝子の痕跡が、この3万年前のコステンキ14号古人骨の遺伝子から検出されているという結果を発表した(注3)(注4)(注5)。
kostenki14.jpg
注1)Paul Rincon, 2010, "DNA analysed from early European" BBC News http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/8435317.stm
注3)欧州人の遺伝子形成は旧石器時代か? http://nationalgeographic.jp/nng/article/20141218/429185/index_sp.shtml
注4)Paleogenomics. Genomic structure in Europeans dating back at least 36,200 years. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=25378462
注5)3万年以上前の化石人骨を分析!旧石器時代の人類のDNAが明らかに https://www.familytreedna.com/public/Y-DNA-Tree-Early-Branches/default.aspx?section=mtresults

ミトコンドリアDNAハプログループU5系統

チェダー渓谷人(Cheddar Man)

イングランド最大の峡谷であるチェダー峡谷から出土した、約12,000年前の古代人骨・チェダー渓谷人(Cheddar Man)のミトコンドリアDNAは、ハプログループU5aである(注1)。


(picture all from Wikipedia)

クロマニョン人(Cro-Magnon man)

スイスで発見された約13,000年前のクロマニョン人(Cro-Magnon man)のミトコンドリアDNAは、ハプログループU5b1hである(注1)。これは、2015年に遺伝子解析した結果に基づく(注2)。クロマニョン人のY染色体はこちらを参照。
cro_magnon_man.jpg
注2)Eppie R. Jones, Gloria Gonzalez-Fortes, Sarah Connell, Veronika Siska, Anders Eriksson, Rui Martiniano, Russell L. McLaughlin, Marcos Gallego Llorente, Lara M. Cassidy, Cristina Gamba, Tengiz Meshveliani, Ofer Bar-Yosef, Werner Müller, Anna Belfer-Cohen, Zinovi Matskevich, Nino Jakeli, Thomas F. G. Higham, Mathias Currat, David Lordkipanidze, Michael Hofreiter et al.(2015)Upper Palaeolithic genomes reveal deep roots of modern Eurasians Nature Communications 6, Article number: 8912 doi:10.1038/ncomms9912

modoru.jpg susumu.jpg

  • 最終更新:2017-02-02 13:40:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード